振袖にショールは必要なの?

振袖の女性

振袖姿といってまず思い浮かぶのは、白いフワフワのショールをまとった成人式スタイル。成人式では、このスタイルがすっかり定番化していますよね。でも、このショールって絶対に必要なものなのでしょうか。

結論から言えば、実は必ずしも必要なわけではありません。
けれども、成人式などの冷え込みの厳しい時期に行われる行事や初詣などの冬のお出かけに振袖を着る場合、防寒対策の為にほとんどの人がショールを使うようです。

防寒対策では、道行という和装のコートがあり、正装として使えるので振袖の袖を折りたたんで着ても良いのですが、本来振袖は未婚女性だということをアピールするための着物という意味合いがあり、道行コートを着る習慣はあまりないようです。どちらにしても、せっかくステキな柄の振袖をコートで隠すなんてもったいないですよね。

防寒対策の他にも、ショールは振袖をより華やかに見せてくれたり、顔周りにボリュームのあるショールをもってくることで小顔効果が得られたりと、様々ななメリットもあり、振袖には今やマストなアイテムとなっているようです。

最近は、定番の白いショールの他にもたくさんの種類があり、個性に合わせたセレクトができるようになりました。
例えば、シルバーフォックスやラビットなどの毛皮を使ったもの。こちらは、シルバーグレーやダークレッドのような大人っぽいものからパステル系の可愛らしいものまで、様々な色があり、何よりもフワフワで温かさが抜群です。

羽毛素材のものは、とにかくゴージャスで華やかです。細かいフェザーの中に大きな羽根をあしらったもの、ラメを散らしてあるものなどもあります。肌触りも良く、こちらも軽くて温かいという特長があります。

フェイクファーは、柔らかでこちらもボリューム感がでるので、オススメです。ファーで模様を形作ったり、薔薇を模ったりと、フェイクならではの加工がしてあるものもあります。
他にもウール素材やリボンやビーズなどがあしらわれていたりと、様々な種類があるので、振袖との色合わせや自分のイメージに合わせて、楽しみながら選んでくださいね。

もしレンタルで借りるのなら、振袖の色や雰囲気にあわせて少し大胆な色合いや素材、形などを選んでもよいと思います。
購入されるのなら、振袖に合わせるのはもちろんですが、振袖以外の着物や結婚式に招待された時の服やちょっとしたパーティーなどにも利用できる物を選ぶとよいでしょう。

寒い時期に振袖を着るのなら、防寒対策に華やかさをグレードアップさせてくれる、お気に入りのショールをぜひ用意されてはいかがですか。

ピックアップコンテンツ

注目の振袖ドレス「オリエンタル和装」

全国ネットのニュース番組やワイドショーなどの複数のメディアで取り上げられ、いま話題沸騰中のオリエンタル和装をご存知ですか?このオリエンタル和装とは、着物にハサミを…

詳細はコチラ

新着記事一覧