卒業式に袴と振袖、どちらでもいいの?

袴

せっかく素敵な振袖を持っているのに、卒業式といえば小振袖に袴と思い込んでいる方はいませんか?

卒業式は、正式には卒業証書授与式という格の高い式典です。そのため服装のマナーとしては、準正装以上の服装が求められます。
振袖は、未婚女性の服装としては正装にあたるため卒業式に振袖を着用することはふさわしいといえます。
もし振袖をお持ちなら、迷わず振袖を卒業式に着て行ってはいかがでしょうか?

卒業式に振袖をオススメする理由は、とにかく華やかなこと。
袴は帯を使えませんし、袴で一番キレイな裾の部分を隠してしまうので、全体的にシンプルに仕上げることが多いようです。
しかし、振袖は帯や帯締め、帯揚げなどで華やかにも清楚にも大人っぽくも、お好みで着付けを楽しむことができます。
もちろん、式典に着用していくので、ゴテゴテ、モリモリにはできませんが、品を保ちつつ華やかに着付けることができるのが振袖の良いところなのです。
まだまだ袴が主流の卒業式の中で、だれよりも目立つこと間違いなしですね。

ただ袴を着られるチャンスは、学校の先生にでもならない限り、卒業式しかありません。それに、袴の持つレトロな雰囲気もなんとも可愛くステキですよね。
やっぱり袴派!という方も、もし振袖をお持ちなら自分の振袖に袴を合わせてくださいね。
多くの人が面倒に思って、袴と小振袖を同時にレンタルしてしまいます。でも、人気の色や柄はどうしても被ってしまうもの…気がついたら、お隣の人とほとんど一緒!なんて悲惨なことになりかねません。

ともかく学生生活最後の大切な卒業式。袴でも振袖でも納得のいく衣装選びをしてくださいね。

ピックアップコンテンツ

注目の振袖ドレス「オリエンタル和装」

全国ネットのニュース番組やワイドショーなどの複数のメディアで取り上げられ、いま話題沸騰中のオリエンタル和装をご存知ですか?このオリエンタル和装とは、着物にハサミを…

詳細はコチラ

新着記事一覧