成人式の振袖に込められた願い!振袖柄の選び方

大人への一歩を踏み出す成人式。その晴れの舞台で、初めて振袖に袖を通すという方も多いのではないでしょうか。
そもそも、成人式に振袖を着るようになったのは、人生の節目にその長い袖を振ることで邪気を祓い、身を清めることができるという意味合いがあります。
また、袖の振り方で男性からの求愛に返事をしていたということから、振袖は未婚女性限定の着物となったのだそうです。

このように着物の種類よってそれぞれ意味があるように、振袖の種類や柄にも意味があることをご存知でしょうか?
今から振袖選びをされるという方は、古くから大切にされてきた柄に込められた意味や種類を1つの参考にされてはいかがでしょう。

古典柄・新古典柄・モダン柄

振袖の柄の種類は、大きく「古典柄」「新古典柄」「モダン柄」の3つに分かれています。

「古典柄」は、その名の通り古くから親しまれてきた伝統的な柄で、時代に左右されない気品のある優雅な柄という特長があります。
振袖の全体に模様が配置されているので、華やかで優美な印象を与えます。昔からある古典柄は、振袖のスタンダードといえ、子供や孫へ代々受け継ぐ着物としては最適です。

「新古典柄」は、柄の種類としては古典柄と変わりませんが、ほとんどの柄が袖や裾に集中しています。
スッキリとした印象となるため、大人っぽい上品な着こなしを希望する人は、この新古典柄を選ぶとよいでしょう。

そして「モダン柄」は、そのモダンの意味のように現代的で、いわゆるイマドキの柄といえます。
柄のモチーフとしては、実にさまざまなものがあり、古典柄を取り入れるモダン柄の振袖も多くありますが、洋花やハート、丸といった幾何学文様を合わせたり、全くオリジナルな柄のものがあったりと自由な振袖といえます。
ベースとなる色もダークなものからパステル系まで、その時々の流行にあわせて様々な色が用意されているため、ガーリーにポップにクールにと、人とは違った着こなしも可能です。
流行を取り入れているため、代々受け継いで長く着るというよりも、レンタルで楽しむのがオススメな振袖です。

それぞれに意味のある図柄

その振袖で使われる文様としては、鳳凰や龍、熨斗や鼓、扇子などをあしらった吉祥文様と呼ばれる縁起のよい模様のほかに、動植物文様や自然風景文様、星や月、霞などの天象文様などが好んで用いられます。
絞り染めを基調に優美な柄ゆきの辻ヶ花文様は、安土桃山時代から室町時代ごろに全盛を極めた高度な技術を要する伝統的な手法で描かれ、振袖では大変人気の文様です。

特に振袖に一番多く使われる動植物文様のなかで、花は振袖が新春に着ることが多いため、菊や梅、椿、牡丹、桜など晩秋から春にかけて咲くものが中心として使われています。
そして、その花や動物などの文様ごとにも、それぞれ意味があり、願いが込められているのです。

菊は、皇室の御紋にも使われる高貴な花で、浄化厄除けの意味があります。
梅は、厳しい冬を耐え、早春に美しい姿を見せるため、忍耐力や美を表現します。
椿は、悪霊を払う聖なる木で、艶やかな葉をもつ美しい花とされ、牡丹は小さな蕾から大輪の美しい花を咲かせることから、百花の王とされ豪華、幸福、富貴などの意味を表しています。
そして、日本の国花でもある桜は、草木の芽吹く春を代表する花で、繁栄や豊かさを表現しています。

鳥や昆虫、動物なども古典柄ではよく使われます。
例えば、鶴は千年との言葉が表すとおり、生命の豊かさや長寿を意味する神秘の鳥である鶴は、その姿の美しさからも愛されている文様です。
その他、富と繁栄を表す孔雀、素早く飛び跳ねる様子からトントン拍子に物事が進む縁起の良い柄として好まれるウサギなどもあります。
また、蝶はその可憐さから古典柄でもモダン柄でも多く使われますが、サナギから羽化して天に昇る象徴とされ、飛翔や吉兆の象徴とされています。

このように、振袖には多くの意味と願いが込められた人生の節目に相応しい晴れの衣装です。その意味を知ると、より感動をもって成人式を迎えられるかもしれませんね。

ですが、これらの意味を知っても、どんな振袖にしようかと悩む方はいると思います。
振袖のレンタルを大阪で探している方には、こちらのお店がおすすめです。
お好みの振袖が見つかるまでスタッフが丁寧にサポートしてくれますし、同じ地区で同じ柄の振袖を扱っていないので、あなただけの成人式の振袖が必ず見つかります。
成人式の振袖をレンタルで決めている方は、ぜひ一度行ってみてください。

ピックアップコンテンツ

注目の振袖ドレス「オリエンタル和装」

全国ネットのニュース番組やワイドショーなどの複数のメディアで取り上げられ、いま話題沸騰中のオリエンタル和装をご存知ですか?このオリエンタル和装とは、着物にハサミを…

詳細はコチラ

新着記事一覧